トップページ > ニュース > 松江市が Ruby で開発したソフトウェアをオープンソース公開

ニュース

2012年のニュース

松江市が Ruby で開発したソフトウェアをオープンソース公開
2012年04月20日

松江市が Ruby で開発したソフトウェアをオープンソースとして公開しました。公開されたソフトウェアは、NaClが松江市の委託を受けて開発したものです。

公開されたソフトウェアは以下の3つです。

  • スケジュール管理アプリケーション「まつえRubyカレンダー(ルビカレ)」
  • 業務システム画面ひな形生成ツール
  • Ruby体験サイト ※平成23年9月に開設

これらのソフトウェアは以下のページで公開されています。

知ってためそうRuby

また、ソフトウェア以外にも、Rubyでソフトウェアを作ることを通じてまとめた報告書「Ruby活用のための研究報告書」も公開されていますので、Rubyの習得や開発にご活用ください。


ページトップへ


インデックス


Copyright